技術情報
[04]打力・耐圧性・粘性

打力・耐圧性・粘性

打力

スプレーノズルから噴霧された液滴が対象物に衝突した時の強さを言います。
打力は直進ノズルが最も強く、噴霧角度が大きいほど、また噴霧カバー域が広いノズルほど小さくなります。
またノズルと対象物との距離が長いほど小さくなります。

耐圧性

 
シリーズごとに圧力に十分耐え得るよう細部に注意を払い設計していますが、システム運転の仕方により、水撃作用のような噴霧圧力の3~5倍もの圧力が液路の端にかかることがあります。
高圧では樹脂製よりも金属製ノズルの使用をおすすめします。

粘性

 
液の粘性が増すと噴霧流量、噴霧角度ともに水噴霧に比べ減少する傾向があり、流量分布は悪くなります。
粘性液噴霧ではノズルまでの配管内において抵抗が大きく増大しますので、圧損にご注意ください。