技術情報
[01]霧の分級

霧の分級

霧を工業資材として規格化

一口に“霧”と言ってもその特性はさまざまです。
霧のいけうち®では、霧を粒子の大きさによって独自に分級し「工業資材」として社会にご提供できるよう規格化しました。
これにより、お客さまの課題解決に必要な霧の条件が明確化、スプレーノズルやシステムの最適な選定・提案が可能となりました。

注)霧の分級法については諸説があるようですが、霧のいけうち®では図のような分級法を提案し、用途や現場に適した霧を提案しています。

関連リンク