いけうちのミスト冷房で
牛の熱中症対策

夏に落ち込む搾乳量と増体量を大きく回復させ、
また畜舎環境を改善することができます。

資料請求・ご相談・現場診断のお問合せ

暑さでウシが夏バテする…
その悩み、霧が解決します。

こんなお悩みを解決します。

毎年夏になると夏バテ・食欲不振・搾乳量の低下や増体量の低下・緊急出荷など、多くの問題が発生します。こういったお悩みは、とても細かなミスト(細霧冷房よりもはるかに細かな霧)で牛舎をドライな状態に保ったまま温度を下げることで解決することができます。すでに多くの牧場で導入いただき、効果に満足いただいています。

うしの中山社長インタビュー

いけうちのミスト冷房が提供する効果。

CoolPescon®導入後の効果。

夏に大きく落ち込む食欲が回復、食欲不振に起因する夏バテや体調不良も改善されます。そうすることで 搾乳量や増体量が回復し、また体調が良くなることで夏秋の受胎率も回復するなど、通年でむらのない経営に貢献します。

酪農実績

63企業

養牛実績

19企業

食欲の回復 

熱暑ストレスにより、7~9月の飼料摂取量は他 の期間と比較して10~15%減少します。冷房することで 酷暑を緩和し減退する食欲を回復させます。

搾乳量の回復

熱放散のための血流使用や食欲不振による栄養不足が原因で、生産乳量は他の期間と比較して10~20%以上低下します。食欲回復と熱放散量の減少により乳量を回復させます。

増体量の回復

夏の食欲不振が原因で夏~秋の終わりごろまで増体が鈍化するケースが多くあります。そこでCoolPesconを導入し、食欲が回復した結果以前と比べ平均出荷体重が50kgを超えた肥育農家さんの例があります。

ストレスの低減

気化熱を利用するため、他の装置とは違い畜舎内の温度を外気よりも低くすることできます。 個体差はありますが牛も霧が出てくると涼しいのでその下に移動してくるなど、快適な環境になることで暑熱によるストレスが緩和されます。

発情の正常化

熱暑ストレスにより、ホルモンバランスが乱れ、 発情周期の遅延・発情期間の短縮が発生します。 熱暑ストレスを緩和し、発 情を正常な状態に回復させます。

受胎率の向上

高温下では、造精機能不全や受胎率の低下が発生します(授精前後2日間が重要)。高温環境から守ることで、子宮内温度を低下させ受胎率を向上させます。

CoolPescon®の特徴。

現場と牛をほとんど濡らさない。

発生する霧は平均粒子径10~30μmというとても微細な粒子のため、ある程度換気のある空間や、解放空間であればまったく濡らすことなく使用することができます。

そのため長時間運転してもほぼ濡れないので、一日中暑さや乾燥対策として使用できます。また薬液を散布することで牛の疾病対策、サシバエ対策としても利用できます。

ミスト冷房 

とても微細なミストを発生させて、 牛体・牛床・通路・壁面・機器類を 濡らすことなく冷房できます。

加湿

長時間運転してもほぼ濡れないので、 乾燥が気になる時期に湿度を高める 加湿器の用途にも利用できます。

薬液散布

畜舎内の臭気対策や牛の病気対策、 ハエなどの害虫として薬液を散布する 用途にも利用されています。

機器構成

微細ミストを発生させるシンプルな構成

CoolPesconは畜舎ごとに制御盤、温湿度センサー、高圧ポンプ、複数の噴霧ヘッダーを組み合わせて構築します。現場ごとに少しずつレイアウトは異なりますが、基本的な構成は同じです。