フォグエンジニア 霧のいけうち

0120-997-084

お問い合わせ

畜舎冷房/薬液散布システム CoolPescon® (クールぺスコン)

製品概要

 水噴霧と薬液噴霧を自動制御し、暑熱対策・乾燥対策・害虫対策を包括的に行うことが可能な畜舎冷房・薬液散布システムです。これにより家畜の体調管理と、従業員の作業負担削減を実現します。

 噴霧する霧(セミドライフォグ®※1)は微細でまた機器のON/OFF時のボタ落ちなどもほぼ発生しないため、畜体・飼料・畜舎内設備を濡らすことなく稼働します。

 水噴霧時には気化熱により夏季の畜舎内温度を最大8℃低下させることが可能です。また薬液散布時には畜舎内に一気に散布することができるため、散布作業が短時間で終わりかつ作業者の方の負担もありません。

特長

・セミドライフォグ®※1を噴霧する1流体冷房/薬液散布システム。
・霧が蒸発する際の気化熱により、周辺温度を最大8℃低下。
・畜体や飼料、畜舎内設備を濡らすことがない。
・畜舎内の暑熱対策、害虫対策に好適。
・導入時には見積もりと併せシステム設計を行い、最適なノズル、機器配置を提案。導入後もアフターフォローを実施。
・導入前デモなども受付中。電話窓口:0120-997-084(デモ対応ができない場合もありますので予めご了承ください)

※1.セミドライフォグ®とは、平均粒子径(霧の平均サイズ)が10~30μmの霧を指します。
 微細かつ濡れの原因となる粗大粒子を含まないため、細霧冷房では濡れの問題が発生していた現場での利用に好適です。
 似た名称としてドライ型ミストというものもあり、こちらは粒子の大きさに定義がないことから
 各メーカー・各製品によってそれぞれ大きな差異が存在しています。

用途

[ 畜舎冷房 ]・食欲の回復・乳量の回復・発情の正常化・受胎率の向上・乳脂肪率の回復・体細胞数の低下
[ 畜舎加湿 ]・風邪対策
[ 薬液散布 ]・サシバエ対策・臭気対策・肺炎予防

使用される業界

[ 畜産 ]酪農・肥育・養豚・養鶏・厩舎

製品仕様

構成 ・スプレーノズル・噴霧ヘッダー(両方向・片方向)・ポンプユニット・制御ユニット・温湿度センサー・水タンク・薬液タンク・耐圧ホース

導入事例|丸尾牧場様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

株式会社丸尾牧場様(兵庫県赤穂市)は、市内唯一の酪農家として乳牛120頭を飼育。「快適な牛舎での牛づくり」「牛に腹一杯食べさせる草づくり」「排せつ物の適正処理による地域づくり」の3づくりに取り組むことで「地域社会と結びついた酪農」を実践されており、その安定した酪農経営、地域との共生が、2012年には全国農業コンクールで名誉賞に輝かれました。
 

導入レポート

数年前の夏に、細かな霧を使って店舗前を冷房する装置を見かけました。近くに寄ってみると、気化熱で周囲よりも明らかに涼しく、しかも手や衣服が濡れませんでした。その時、この技術は牛舎にもうまく活用できるのではないかと考えたのです…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|箸荷牧場様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

“牛の5つ星ホテルを目指す”を目標とする株式会箸荷牧場様(兵庫県多可郡)にとって牛は大切なお客様。「最高の食事をご提供し、最高の部屋をご用意し、最高のベッドでぐっすり眠っていただく。そしてその対価として牛乳をいただいているんです」そう語る代表取締役今中様は、お客様である牛のため、より多くの対価をいただくため、新しい技術を積極的に導入し、常に“サービス向上・お客様満足度向上”に努めておられます
 

導入レポート

数年前、当牧場が日本で初めてハイブリッド換気システム(以下HB換気)というアメリカの最先端技術を導入しました。これは温度、照度といった環境条件から、牛舎内の大型ファンの稼働台数や風速を完全にコンピューター制御するものです。…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|櫻井畜産ビジネスサポート様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

三重県亀山市で乳牛、和牛を飼養されている櫻井畜産ビジネスサポート様。スタッフの方が働きやすい環境を作り、地域循環型の経営を目指すなど長期的なビジョンを持たれています。またアーバン協同組合の理事長も務められており、海外の若者と日本の企業を結び、先進技術を学ぶ場、優秀な人材紹介の場となるよう運営するなど尽力されています
 

導入レポート

夏の牛舎はとにかく蒸し暑いんですよ。これだけ暑いと牛がバテて食欲不振になって、乳量が落ちてしまう。去年まで細霧冷房を使っていたのもあるだけど、これはすぐ温度が上がって、牛床がびちゃびちゃになるんで一定間隔で…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|川岸牧場様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

川岸牧場様(兵庫県西脇市)は、神戸牛・松坂牛・近江牛などの元となる『但馬牛』の雌のみ340頭を飼養。2008年に新築した牛舎は明るく清潔で、牛のストレス低減のため牛舎内にクラシック音楽を流すなど環境整備に努められておられます。過去に農林水産大臣賞を4回受賞、国内外からTV取材や見学者が頻繁に訪れるなど、日本トップクラスの肥育農家として活躍されています。
 

導入レポート

牛がストレスを感じない様、心地よい環境を作るのが我々の仕事です。特に夏季は牛舎内が非常に暑く、暑さのため餌食いが悪くなる傾向があり、この改善が大きな課題でした。…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|南牧場様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

南牧場様(兵庫県あわじ市)は、『神戸牛』などの肥育素牛を飼養されている、肉用牛繁殖育成農家さまです。2017年に牛舎を1頭増築し、現在は飼養頭数の拡大と肉質向上に注力されています。南あわじ市和牛多頭飼育研究会に所属、新技術の調査や実地テストによる製品評価など、新しい取り組みに挑戦され続けています。
 

導入レポート

2015年に仔牛が1頭熱中症で亡くなって、それがきっかけで対策しないといかんと、真剣に冷房製品を探すようになったのがあるよね。翌年の2016年、所属する南あわじ市和牛多頭飼育研究会の定例視察で…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|藤井畜産様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

藤井畜産様(奈良県高市郡)は、肉牛、繁殖牛、育成牛などを飼養されている農家さまです。最新鋭の設備導入を行い、牛にストレスを与えないことを重視した運営を行っておられます。遠隔監視システムで24時間牛舎の状況を確認し、併せて牛の健康状態や発情状況などを各種データを基に管理されるなど、次世代型の畜産に積極的に取り組まれています。
 

導入レポート

うちは元々メインの仕事で家畜商、サブで肥育の事業をしていたんだけど、今年に入って息子が後を継ぐというので新たに和牛の妊娠牛を仕入れて、繁殖を始めようとしたのが暑さ対策を考えることになったそもそものきっかけだね。…以降PDFでご確認頂けます
 
 
 

導入事例|和田牧場様

※CoolPescon前製品のCoolBIMをご利用頂いています
 

ユーザー紹介

栃木県那須塩原市で経産牛120頭、育成牛90頭を飼育されている酪農家さまです。和田様2010年に代表となられ、以前から行われていた牛群交配による品種改良と、自給飼料用の耕作地拡大や先端設備への機器更新、また飼育頭数の拡大など、多くの改革を推進されています。1頭1頭の個体を大切にし、牛群の管理能力を高め、良い環境を与えられるよう日々務められています
 

導入レポート

このあたりも昔と比べてだいぶ暑くなってきていています。今まで夏は暑いのが当たり前と考えていたけど、そうも言っていられなくなりました。牛にとっては相対的な温度がストレスになっていて、25℃を超え…以降PDFでご確認頂けます

 

関連動画

この製品を見た人はこちらの製品も見ています。