ドライフォグ加湿システム

AirAKI®は触れても濡れない程微細な霧“ドライフォグ”を利用する産業用空調加湿システムです。大空間およびスポット空間の湿度をコントロールすることで、静電気によるトラブル発生を予防します。

ドライフォグ加湿システム“AirAKI®”とは

自然界で発生するもやのように細やかな、ものに触れても濡れない霧“ドライフォグ”を発生させる加湿器『 AKIMist®』を用い、精密な湿度制御を行うトータル加湿システムです。開発から30年間で培った豊富な実績をもとに、業種や工場レイアウトに最適な加湿システムをご提案します。

ドライフォグとは

濡れない霧

ドライフォグとは、ザウター平均粒子径7.5μm(かつ最大粒子径50μ以下)の霧を指します。見た目は霧というよりも煙のようで、ノズルから噴霧されるとすぐに空気中に溶け込み湿度に変化します。
またドライフォグは非常に微細なため、ものに当たっても吸着せず弾かれるという性質を持ちます。そのため濡れない霧とも呼ばれます。

小さな液滴は物に当たった際に弾かれ(左図)、大きな液滴は破裂しものを濡らします(右図)。

ドライフォグ加湿器

当社ではドライフォグを噴霧するため、AKIMist®というドライフォグ加湿器を利用します。最新のAKIMist®“E”は1台あたりドライフォグを9.6ℓ/hr(空気圧力0.3MPa時)発生させることが可能です。またその際の空気消費量は116Nℓ/minと、省エネ性に優れるという特長を持ちます。

微粒化原理

エアーと水がAKIMist®に供給されることで微粒化が始まります。ノズル内部でせん断作用により微粒化した液滴は、噴口から超音速で噴出するエアーによってさらに微粒化されます。そしてもう一方の噴口から同様に微粒化された液滴と中央で衝突する際、相互せん断を繰り返すと同時に3.3万~4万Hzの超音波が発生することで、さらに微粒化と均等化が行われます。

ドライフォグ加湿システム“AirAKI®”のシステム構成

AirAKI®の運転にはクリーンな水とエアーの供給が不可欠です。当社では豊富な実績をもとに水とエアーの清浄化機器や自動制御に適した機器を用意しています。

システムは大きく、現場湿度を計測して実際に噴霧を行うための(噴霧ユニット・湿度センサー・湿度制御ユニットなどによる)“加湿制御系”、噴霧ユニットにクリーンな水を供給するための(逆浸透膜純水器・イオン交換樹脂純水器・水用フィルターなどによる)“給水系”、噴霧ユニットにクリーンなエアーを供給するための(エアーコンプレッサー・エアーフィルター・オイルフィルターなどによる)“駆動系”により構成されます。

“AirAKI®”のシステム構成図
加湿制御系 噴霧ユニット(AKIMist®”E”)
  • 噴霧量最大9.6ℓ/hrの加湿量。
  • 1台でノズル4個まで取付け可能。
  • ワンタッチ着脱でメンテナンスが簡単。
噴霧ユニット(AKIMist®”E”)
湿度制御ユニット(RHC-D★★★)
  • 現在の湿度と設定湿度をデジタル表示。
  • 4系統まで制御できる多系統タイプを用意。
    (測定精度±3%、写真は2系統タイプ)
湿度制御ユニット(RHC-D★★★)<
湿度センサー
  • 湿度を感知して制御ユニットへ信号を送る。
湿度センサー
電磁弁ユニット
  • 配管内の残圧を瞬時に抜くことが可能。
  • リリーフ用の電磁弁と減圧弁のセット。
電磁弁ユニット
給水系 逆浸透膜純水器(RO装置・AKIMiz®)
  • 水道水に含まれるイオン分(シリカなど)を約90%除去する。
逆浸透膜純水器(RO装置・AKIMiz®)
イオン交換膜純水器
  • AKIMiz®と併用することで、より高純度な純水が得られる。
  • 見やすい水質計、警報接点付き。
イオン交換膜純水器
水用フィルター
  • 5μmまでの不純物を取り除く。
水用フィルター
アキュムレーター
水用減圧弁
圧力タンク
駆動系 エアーコンプレッサー
  • 噴霧ユニットへクリーンなエアーを供給。
エアーコンプレッサー

エアーフィルター・オイルフィルター
  • マイクロファイバーにより圧搾空気中の0.3μm以上の油分・ダスト・水分を取り除きエアーを正常化。
エアーフィルター・オイルフィルター
タンク
  • エアーを蓄え、エアーコンプレッサーの負担を軽減。
タンク
その他 噴霧方向変更アダプター(AE-UT)
  • AKIMist®加湿器に取付けることで、噴霧の方向を変更することができる。
噴霧方向変更アダプター(AE-UT)

※給水系・駆動系について、お客様においてお持ちであれば不要です。

AirAKI® 導入フロー

AirAKI® は現場ごとに最適な湿度環境を構築するため、機器の構成やレイアウトが現場ごとに異なります。
そのため導入にあたっては現場調査を行い、お客様の抱える課題を解決するための最適なシステムを設計し、ご提案させて頂きます。

お問い合わせ お客さまよりお問い合わせ・ご相談をいただきます。
現場調査 加湿に関する悩みや課題を丁寧にヒアリングし、
同類型の現場での実績紹介や現状の把握(環境測定)を行います。
プランニング 現場調査情報をもとに、最適な解決策を考案します。
設計 お客さまの製品・工程ごとに現場に合った加湿システムを設計します。
提案 加湿器の費用対効果の概算、レイアウト設計を行い、具体策をご提案します。
導入 システム導入時には、立会って試運転調整を行い、加湿効果の確認を行います。
効果検証 万一のトラブルにも迅速に対応します。また長く使っていただくために
お客さまに合わせたメンテナンス契約もご利用いただけます。

お気軽にお問い合せ・ご相談ください

空調加湿を専門に行う部門のエキスパートがご対応させていただきます。

  • 営業時間
    09:00 ~ 17:30 (月~金)

  • 03-6400-1973(東京)
    06-6538-1277(大阪)

    営業時間 09:00 ~ 17:30 (月~金)

  • 導入検討・相談窓口
  • ☎ 03-6400-1973 (東京)
    ☎ 06-6538-1277 (大阪)