フォグエンジニア 霧のいけうち

社員インタビュー:いけうちUSA(米国現地法人) 山口祥吾

山口祥吾
Shogo Yamaguchi
2003年4月入社 いけうちUSA(米国現地法人)
語学よりも感じる力、思いやる力が重要。

メッセージ動画

インタビュー

現在の勤務地と職務内容
アメリカ現地法人設立のため2004年から調査準備を開始し、2009年にオハイオ州に営業所を設立しました。当時はアメリカにおいて、ほぼ売上、知名度ともにない状態でのスタートでしたので、マーケティングを行い、戦略を立て新規顧客を開拓するということが主な仕事でした。現在はマネージャーとして勤務しており、営業に関することはもちろんのこと、総務、会計、人事といった管理も行っています。
海外で仕事をすることのやりがいや楽しさについて
知名度の低い国での営業は、新規開拓が一番の仕事になります。お客様から注文をいただき、その効果に満足いただいて、またそれが他のお客様へ評判として広がっていく。それが醍醐味だと思います。それから海外だけではないのですが、いけうちで営業をしていると、いろいろなモノづくりの製造現場を見ることができる。これも醍醐味の一つです。
海外で働くために必要な能力
重要なのはコミュニケーション能力です。これは語学だけのことではなくて、例えば感じる力や伝える力、相手を思いやる力、論理立てて説明する力、といった総合的な能力が必要だなとつくづく感じます。語学が得意であるのはもちろん良いことですが、コミュニケーションとは何か?というのを自分で考え、気付いて伸ばしていけるということが大事です。
今後の計画や目標
これまではアメリカ中心の営業活動でしたが、中米、南米にも販売ネットワークを確立して、お客様と従業員の満足度を高めていきたいと考えています。
就職活動中の方に一言
アメリカでも沢山の日系企業と取引させていただいていますが、いけうちほど幅広い業界に貢献できる会社というのは数少ないと感じています。いろいろなことを欲張りにやってみたいという方は、是非いけうちに来てもらえたらと思います。

社員インタビュー

営業職/一般職

技術職